開業後支援メニュー③~医療機器の見直し

2018.06.21

医療機器の見直しをご検討中の先生へ

医療機器の見直し買い替えというのは、どちらの病院・クリニックでも経験されることではないでしょうか。機会は多くないけど、金額は決して小さくない。 そんな医療機器の買い替えにあたり、先生方はどの業者に依頼されご購入されておられるでしょうか。診療所を経営する中で、設備投資に悩まれる先生方は多いと思います。

先生方の多くは御多忙な部分もあり、新規開業当初に購入された業者、普段お付き合いのある医療機器メーカーや製薬会社メーカー等の業者様に依頼されるケースになられるかと思います。

適正価格で購入されたつもりでも他院との比較も難しく、お知り合いの開業医院と比較されご判断される部分も有られるかと思います。

しかしながら、本来きちんと相場価格を把握し交渉したのならば数十万以上減額出来ているはずが、実際はそうでない価格で購入されているケースが大半なのです。

競合医院を対象にした医療機器の見直しの必要性

近年、医院開業ラッシュが続いており今後も新規開業クリニックが増加する傾向にあります。恐らくクリニック開業後には近隣に数年後新規開業される競合医院が現れるかと思います。現在、新規に開業されるクリニックでは、ホームページを作成されるのが当たり前になっていますがスマートフォンの普及により、患者様は来院前にホームページ閲覧され受診されることも多くなっており、診療内容・診療方針から院内医療機器の性能や特徴の詳細説明を含め、クリニックのイメージが容易につきやすく、より安心感があり信頼出来そうなクリニックを選ばれる傾向にあります。

やはり患者様から選ばれるクリニックとしての運営には、定期的な医療機器の見直しが重要となります。

メディカルリサーチでは、現在使用されておられる医療機器の稼動状況調査等の分析を行った上で、各診療部門の専門性を持つスタッフが、過去に蓄積してきた医療機器調達ノウハウや価格ベンチマーク等を駆使して効率的な機器選定と適切な購入価格等につきアドバイスします。

医療機器購入コンサルティングの流れ

1.調査分析

医療機器の購入予定品目、価格の調査分析、現在使用医療機器の稼動状況等の分析

2.比較・検証

調査分析結果を踏まえ、患者様のニーズ、収益性、機種グレード、付属品項目、医療機器コストおよびメンテナンス費用等について多面的に購入の必要性を検証し、医療機器購入から次回更新時までに発生するコストが最少になるよう、最適な医療機器の仕様をアドバイスします。

3.収支シミュレーション 

現状調査(患者数・検査数・検査待ち日数他)、今後の運用構想に基づく収支シミュレーションにより最適な導入機器の仕様等を導き出します。

開業専門コンサルタントだからできる医療機器購入コンサルティングとは

メディカルリサーチでは、長年の医院開業コンサルティング実績を活かした適正価格による機器導入提案を行うことにより、医療機関の最適な運用計画の策定とその実現を総合的に支援します。

詳しくはこちら

(カテゴリ|クリニックの増患対策)

«前へ コラムトップ 次へ»

お問い合せ
PageTop